• 2017.04.01 Saturday

 平成29年の幕が上がってまる3ヶ月が過ぎました。

この3ヶ月の間に、新しい仕組み、制度を二つ設けました。

 

 一つ目は昨期迄実行できなかった全部との懇談会の実施です。

これまでにも各部との懇談会は随時行ってきましたが、七部門

全てシリーズで懇談会を実施した年はありませんでした。

 

 今期は二月から実施し、三月エンドまで営業部を皮切りに

不動産部、土木部は三つのグループに分け、計五回の懇談会を

実施しました。引き続き会社全体行事の花見をはさんで、建築部、

プラント部、サービス部、総務部と継続してまいります。

酒を酌み交わし、普段聞けない働く仲間の様々な声を聞いて、

会社運営に反映するために実施してゆきます。今後毎年継続してゆきます。

 

 二つ目は五年表彰という制度を設けました。

これは長い仕事人生に節をつけるということです。

竹は節があることで重い雪が付着しても折れません。しなるだけです。

人も同じだと思います。長い仕事人生において節を設けることで、

折れることなく使命、天命を全うする糧になればと考えた次第です。

 

 一つの節の長さを五年としました。三年では短く、七年では

長いと思います。入社後五年ごとの節目に、金一封と一緒に

表彰します。この五年の間には仕事上での様々な苦労と、そして

私生活でも大変な思いをして働くわけですので、表彰することには

充分その価値があると考えております。今回の表彰式は3月11日の

収支会議の席上執り行いました。

 

 

 

 今年も本日で幕を閉じます。

 

今年の最大の収穫は、長年の懸案であった当社における働き方・働くにあたっての決まりを

 

確定することができ、これらを具体的に数値化できたことです。これにより当社の社員は

 

自分の人生をより具体的に計画でき、また当社で過ごす自分の一生が見えるようになりました。

 

 来年は震災前の経営環境により近づくものと思われます。この仕組みを実行し、働く仲間の生活を

 

最優先しながら、明るく、元気に、朗らかに舵を取ってゆきたいと思います。

 

  先々週の土曜の17日に、常日頃から当社が世話になっている皆様とお取引先の皆様を招待し、例年のごとく正月荘で忘年会を開催しました。今年も盛大に忘年会を開催することができましたこと、ひとえに皆様のおかげと感謝致します。

 

 

続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 不二代建設の評価
    T.H

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM